センター試験日本史Bに出題されたキーワード「正中の変」をチェック

センター試験日本史Bで出題された宝治合戦

センター試験日本史Bの選択肢に宝治合戦が出題されました(平成27年第3問の問2)。
あまり有名な戦いではありませんが教科書にも掲載されています。

 

高校日本史でほかに出てくる「合戦」もあわせて整理したのでチェックしてみてください。

 

宝治合戦について

宝治合戦(ほうじかっせん)は鎌倉時代中期(1247年)に起こった戦いです。
争ったのは鎌倉幕府の北条氏と有力御家人の三浦泰村一族。

 

幕府内部の権力争いであり、この戦いで三浦一族を滅ぼした北条時頼(北条氏)が権力を独占するようになっていきます。

 

霜月騒動

北条氏が鎌倉幕府の中で権力を握っていく出来事としては、宝治合戦の後にも霜月騒動(1285年)があります。

 

こちらは有力御家人の安達泰盛が平頼綱に滅ぼされた出来事です。
関連して覚えておきましょう。

 

高校日本史に出てくる「合戦」

高校日本史に出てくる宝治合戦以外で「合戦」と名前がつくものを整理しました。

  • 前九年合戦(1051年〜61年) … 源頼義らが安倍氏を滅ぼしたもの
  • 後三年合戦(1083年〜87年) … 源義家らが清原氏を滅ぼしたもの
  • 和田合戦(1213年) … 鎌倉幕府の北条氏が有力御家人の和田義盛を滅ぼしたもの

 

前九年合戦、後三年合戦は、前九年の役、後三年の役と表記される場合もあります。
いずれも東北地方での戦いです。

 

和田合戦は、宝治合戦よりも前に起きた出来事。
霜月騒動とあわせて北条氏が権力を握る過程での出来事です。

 

出来事と関連する人物をまとめておきました。

  • 和田合戦 … 北条義時、和田義盛
  • 宝治合戦 … 北条時頼、三浦泰村
  • 霜月騒動 … 北条貞時、安達泰盛

LIVE冬期講習でラストスパート

センター試験日本史Bで出題された宝治合戦関連ページ

桂・タフト協定について
平成27年のセンター試験日本史B第1問(問2)の選択肢で桂・タフト協定が出題されました。このキーワードに対する覚えておきたいポイントを記載しています。桂・タフト協定と似たような協定についてもまとめているので参考にしてみてください。
蘭渓道隆、桂庵玄樹
平成27年のセンター試験日本史B第1問(問4)の選択肢で蘭渓道隆と桂庵玄樹が出題されました。歴史上の人物としてメジャーではありませんが、高校の教科書には載っている人物です。この二人に関する覚えておきたいポイントを記載しています。
正中の変、嘉吉の変
平成27年のセンター試験日本史B第3問で出題された「正中の変」と「嘉吉の変」に関する覚えておきたいポイントを記載しています。いずれも高校の教科書にも掲載されている出来事です。紛らわしい別のナントカの変と混同しないように覚えておきましょう。
徳川家慶、家綱
センター試験日本史Bに出題されたキーワード「徳川家慶、徳川家綱」についてまとめています。センター試験レベルの日本史の問題では徳川将軍の中でも家康、家光などの有名な人物よりも、あまり知られていない将軍も出題されます。

 
高校日本史勉強法はコレ 問題形式で暗記(1) 問題形式で暗記(2) 問題形式で暗記(3) 紛らわしい人物