センター試験日本史Bに出題されたキーワード「徳川家慶、家綱」をチェック

センター試験日本史Bで出題された徳川家慶、家綱

センター試験レベルの日本史の問題では徳川将軍の中でも家康、家光などの有名な人物よりも、あまり知られていない将軍も出題されます。

 

平成27年のセンター試験日本史Bでも第4問で「徳川家慶」と「徳川家綱」が選択肢として出題されています。マイナーな徳川将軍についてまとめたので参考にしてみてください。

 

第12代将軍徳川家慶(いえよし)

徳川家慶は老中の水野忠邦が天保の改革を行ったときの将軍。
天保の改革(1841年〜43年)は、享保の改革、寛政の改革に続く3つ目の改革です。

 

天保の改革では、ぜいたくを禁じ、質素な暮らしを奨励するとともに、江戸に流入してきた人々を「人返しの法」により強制的に帰郷させました。

 

また、この少し前に大塩平八郎の乱も起きています。
これは天保の飢饉による米不足が原因です。

 

もうひとつ、徳川家慶に関連して覚えておきたいキーワードは大御所政治
大御所政治を行ったのは11代将軍の徳川家斉(いえなり)です。

 

11代将軍の家斉は息子の家慶に将軍職をゆずった後も大御所として実権を握っていたことから、大御所政治と呼ばれました。

 

徳川家斉の下で老中の松平定信が行ったのが寛政の改革です。
旧里帰農令により江戸に流れてきた人に農村へ帰ることを奨励しました。

 

第4代将軍徳川家綱(いえつな)

徳川家綱は3代家光と5代綱吉に挟まれていて忘れがちな将軍です。
家綱が将軍のときの出来事でポイントとなるのは由井正雪の乱(1651年)。

 

この出来事があったのちに、「末期養子の禁止」が緩和されたことも覚えておきましょう。

イチオシ独学勉強法

通史だけでなく、差がつきやすい文化史の講座もあります!
大学受験用
高校受験用

センター試験日本史Bで出題された徳川家慶、家綱関連ページ

桂・タフト協定について
平成27年のセンター試験日本史B第1問(問2)の選択肢で桂・タフト協定が出題されました。このキーワードに対する覚えておきたいポイントを記載しています。桂・タフト協定と似たような協定についてもまとめているので参考にしてみてください。
蘭渓道隆、桂庵玄樹
平成27年のセンター試験日本史B第1問(問4)の選択肢で蘭渓道隆と桂庵玄樹が出題されました。歴史上の人物としてメジャーではありませんが、高校の教科書には載っている人物です。この二人に関する覚えておきたいポイントを記載しています。
正中の変、嘉吉の変
平成27年のセンター試験日本史B第3問で出題された「正中の変」と「嘉吉の変」に関する覚えておきたいポイントを記載しています。いずれも高校の教科書にも掲載されている出来事です。紛らわしい別のナントカの変と混同しないように覚えておきましょう。
宝治合戦
センター試験日本史Bの選択肢に宝治合戦が出題されました(平成27年第3問の問2)。あまり有名な戦いではありませんが教科書にも掲載されています。高校日本史でほかに出てくる「合戦」もあわせて整理したのでチェックしてみてください。

高校日本史勉強法はコレ 問題形式で暗記(1) 問題形式で暗記(2) 問題形式で暗記(3) 紛らわしい人物