センター試験日本史Bに出題されたキーワード「桂・タフト協定」をチェック

センター試験日本史Bで出題された桂・タフト協定について

平成27年のセンター試験日本史B第1問(問2)の選択肢で桂・タフト協定が出題されました。このキーワードに対する覚えておきたいポイントをまとめました。

 

桂・タフト協定とは

桂・タフト協定とは日露戦争中の1905年に日本とアメリカのあいだで結ばれたもの。
桂は日本の首相、タフトはアメリカの特使(陸軍長官)です。

 

内容はアメリカが日本の韓国に対する支配権を認め、日本はアメリカのフィリピンに対する支配権を認めるものでした。朝鮮半島と日本の関係の中で出題されるキーワードです。

 

桂・タフト協定はアメリカに対して認めさせるものなので、これと同様に韓国に対する日本の優越権をイギリスとロシアに対しても認めさせています。それが下記2つ。

  • イギリスに対しては第二次日英同盟
  • ロシアに対してはポーツマス条約

こちらもあわせて覚えておきましょう。

 

桂・タフト協定と似たような協定

人名+協定というのはほかにもあります。センター試験でも石井・ランシング協定は同じ問題(平成27年第1問)の選択肢に含まれています。

 

主なものは整理しておきましょう。
相手はアメリカかロシア。朝鮮や中国に対する取り決めであることがほとんどです。

 

山縣・ロバノフ協定
  • 日本とロシアのあいだで締結(1896年)
  • 朝鮮の独立を保証するもの

 

西・ローゼン協定
  • 日本とロシアのあいだで締結(1898年)
  • 両国とも韓国への介入を控えるというもの

 

高平・ルート協定
  • 日本とアメリカのあいだで締結(1908年)
  • 太平洋地域に対する領土の現状確認
  • 清の独立、領土保全も規定
  • 高平は駐米大使、ルートは国務長官

 

石井・ランシング協定
  • 日本とアメリカのあいだで締結(1917年)
  • アメリカが日本の中国における特殊権益を承認
  • 石井は特派大使、ランシングは国務長官

イチオシ独学勉強法

通史だけでなく、差がつきやすい文化史の講座もあります!
大学受験用
高校受験用

センター試験日本史Bで出題された桂・タフト協定について関連ページ

蘭渓道隆、桂庵玄樹
平成27年のセンター試験日本史B第1問(問4)の選択肢で蘭渓道隆と桂庵玄樹が出題されました。歴史上の人物としてメジャーではありませんが、高校の教科書には載っている人物です。この二人に関する覚えておきたいポイントを記載しています。
正中の変、嘉吉の変
平成27年のセンター試験日本史B第3問で出題された「正中の変」と「嘉吉の変」に関する覚えておきたいポイントを記載しています。いずれも高校の教科書にも掲載されている出来事です。紛らわしい別のナントカの変と混同しないように覚えておきましょう。
宝治合戦
センター試験日本史Bの選択肢に宝治合戦が出題されました(平成27年第3問の問2)。あまり有名な戦いではありませんが教科書にも掲載されています。高校日本史でほかに出てくる「合戦」もあわせて整理したのでチェックしてみてください。
徳川家慶、家綱
センター試験日本史Bに出題されたキーワード「徳川家慶、徳川家綱」についてまとめています。センター試験レベルの日本史の問題では徳川将軍の中でも家康、家光などの有名な人物よりも、あまり知られていない将軍も出題されます。

 
高校日本史勉強法はコレ 問題形式で暗記(1) 問題形式で暗記(2) 問題形式で暗記(3) 紛らわしい人物