高校日本史の問題

高校日本史の阿倍ナントカに関する問題

斉明天皇の時代に北陸・東北地方に派遣され、蝦夷征討を行った人物は?

 

(A)阿倍仲麻呂
(B)阿倍内麻呂
(C)阿倍比羅夫

ヒント:選択肢の人物が活躍した時代

630年 第1回遣唐使
645年 大化の改新(乙巳の変)
663年 白村江の戦い
710年 平城京へ遷都
712年 日本最古の歴史書「古事記」完成

正解 : 斉明天皇の時代に蝦夷征討を行った人物

(C)阿倍比羅夫

 

・阿倍比羅夫(あべのひらふ)は7世紀中期の将軍
・斉明天皇の時代に蝦夷征討を行った
粛慎(みしはせ)と呼ばれる民族とも戦っている

試験に出る阿倍ナントカ

アベノナントカの覚え方

  • 阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)…文化人
  • 阿倍内麻呂(あべのうちまろ)…政治家
  • 阿倍比羅夫(あべのひらふ)…将軍(軍人)
  • アベノミクス…安倍内閣における経済政策。安倍+エコノミックスの造語。

→ 阿倍ナントカは、ざっくりと文化人、政治家、将軍で覚えれば試験対策上OK。
※ 漢字に注意!日本史に出てくる「アベ」は「」。現在の首相は「倍晋三」。「ベ」はどちらも「2倍、3倍」の「倍」だが、「阿」「安」が異なる。

阿倍内麻呂(あべのうちまろ)

  • ?〜649年
  • 政治家
  • 大化の改新(乙巳の変)後に左大臣となる
  • 同時に軽皇子が即位して孝徳天皇となり、中大兄皇子が皇太子、中臣鎌足が内臣、旻と高向玄理が国博士となっている

阿倍比羅夫(あべのひらふ)

  • 7世紀中期
  • 軍人・将軍
  • 斉明天皇の時代に蝦夷征討
  • 白村江の戦いにも加わっている

阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)

  • 698年?〜770年?
  • 文化人
  • 留学生としてに渡る
  • 同じ時代の遣唐使には、吉備真備、藤原清河、山上憶良、玄ムらがいる
  • 日本に戻れず長安で死去
  • 百人一首「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」が仲麻呂の作品

イチオシ独学勉強法

通史だけでなく、差がつきやすい文化史の講座もあります!
大学受験用
高校受験用

阿倍ナントカに関する高校日本史問題関連ページ

蘇我ナントカの問題
蘇我馬子、蘇我蝦夷、蘇我入鹿、蘇我稲目…高校日本史で出てくる蘇我ナントカに関する問題です。定期テスト前の確認や入試対策として活用してみてください。紛らわしい人物名は選択肢として並んで出題されることが多いので、正確な知識を身につけておくことが必要です。
藤原ナントカの問題(1)
藤原鎌足、藤原不比等、藤原仲麻呂、藤原広嗣、高校日本史で出てくる藤原ナントカに関する問題の1問目です。定期テスト前の確認や入試対策として活用してみてください。紛らわしい人物名は選択肢として並んで出題されることが多いので、正確な知識を身につけておくことが必要です。
藤原ナントカの問題(2)
藤原薬子、藤原種継、藤原緒嗣など高校日本史で出てくる藤原のナントカに関する問題の2問目です。定期テスト前の確認や入試対策として活用してみてください。紛らわしい人物名は選択肢として並んで出題されることが多いので、正確な知識を身につけておくことが必要です。

高校日本史勉強法はコレ 問題形式で暗記(1) 問題形式で暗記(2) 問題形式で暗記(3) 紛らわしい人物