北条時頼に関するセンター試験日本史Bレベルの問題

日本史の人物問題−No.29

北条時頼に関する説明として正しいものを選べ

 

(A)元寇の時の執権で、異国警固番役を設けた
(B)宝治合戦にて御家人の三浦泰村を滅ぼした
(C)評定衆を設けて合議制による政治を進めた

 

【応用問題】
上記の選択肢で北条時頼でないものは、誰のことか述べよ

ヒント:北条時頼が生きた時代

1232年 御成敗式目(貞永式目)制定
1247年 宝治合戦
1252年 宗尊親王を皇族将軍として迎える
1254年 橘成季「古今著聞集」
1260年 日蓮「立正安国論」

正解:日本史の人物問題−No.29

(B)宝治合戦にて御家人の三浦泰村を滅ぼした
・北条時頼は、宝治合戦(1247年)で三浦泰村を滅ぼし、北条氏の地位を不動のものとした

 

【応用問題の正解】
(A)元寇の時の執権で、異国警固番役 → 北条時宗
(C)評定衆を設けて合議制による政治 → 北条泰時
北条時頼は評定衆の下に引付衆を新たに設けている
・泰時(3代執権)の孫が時頼(5代執権)で、その子が時宗(8代執権)

試験に出る北条時頼

  • 鎌倉幕府第5代執権
  • 1227年〜1263年(鎌倉時代)
  • 評定衆の下に引付衆を新たに設ける
  • 評定衆は3代執権の泰時が設けたもので、重要政策の決定や裁判を行う
  • 引付衆は評定衆を補佐し御家人たちの裁判を行う
  • 宝治合戦(1247年)にて三浦泰村を滅ぼす
  • 第5代将軍の藤原頼嗣を京都に追放
  • 後嵯峨天皇の皇子宗尊親王を皇族将軍として迎える

イチオシ独学勉強法

通史だけでなく、差がつきやすい文化史の講座もあります!
大学受験用
高校受験用

北条時頼に関するセンター試験日本史Bレベルの問題関連ページ

菅原道真
菅原道真に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を掲載しています。年表形式の菅原道真が生きた時代や「試験に出る菅原道真」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
徳川吉宗
徳川吉宗に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を掲載しています。年表形式の徳川吉宗が生きた時代や「試験に出る徳川吉宗」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
犬養毅
犬養毅に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を掲載しています。年表形式の犬養毅が生きた時代や「試験に出る犬養毅」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
足利義満
足利義満に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を掲載しています。年表形式の足利義満が生きた時代や「試験に出る足利義満」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
大隈重信
大隈重信に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を掲載しています。年表形式の大隈重信が生きた時代や「試験に出る大隈重信」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
空海
空海に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を掲載しています。年表形式の空海が生きた時代や「試験に出る空海」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
新井白石
新井白石に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を掲載しています。年表形式の新井白石が生きた時代や「試験に出る新井白石」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
浜口雄幸
浜口雄幸に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を掲載しています。年表形式の浜口雄幸が生きた時代や「試験に出る浜口雄幸」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
黒田清隆
黒田清隆に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を掲載しています。年表形式の黒田清隆が生きた時代や「試験に出る黒田清隆」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。

 
高校日本史勉強法はコレ 問題形式で暗記(1) 問題形式で暗記(2) 問題形式で暗記(3) 紛らわしい人物