本居宣長に関するセンター試験日本史Bレベルの問題を掲載しています

日本史の人物問題−No.2

本居宣長に関する説明で間違っているものを選べ

 

(A)「国意考」にて、日本古来の思想への復古を主張した
(B)源氏物語の注釈書では「もののあはれ論」を展開している
(C)古事記についての解説書「古事記伝」を執筆した

ヒント:本居宣長が生きた時代

1772年 田沼意次が老中になる
1774年 杉田玄白「解体新書」を翻訳
1776年 平賀源内「エレキテル」を製作
1782年 天明の飢饉
1792年 ロシアのラスクマンが根室に来航

正解:日本史の人物問題−No.2

(A)「国意考」にて、日本古来の思想への復古を主張したが間違い

 

・「国意考」を執筆したのは賀茂真淵(かものまぶち)
・本居宣長は、賀茂真淵を師とあおいでいた
・本居宣長の著書では「古事記伝」「玉の小櫛(たまのおぐし)」などが有名

試験に出る本居宣長

  • 国学者、医者
  • 1730年〜1801年(江戸時代中期〜後期)
  • 古事記についての研究をすすめ、解説書となる「古事記伝」を執筆
  • 古事記のほかにも万葉集など日本の古典を研究し、「国学」の発展に寄与
  • 源氏物語の注釈書「玉の小櫛」では、「もののあはれ論」を展開している
  • 「秘本玉くしげ(ひほんたまくしげ)」では、政治経済論を論じている
  • 宣長の国学の研究は、復古神道(ふっこしんとう)へと発展していく
  • 復古神道とは、仏教や儒教の影響を受ける前の日本古来の信仰に立ち戻ろうとする考えで平田篤胤(ひらたあつたね)らが広めた
  • 復古神道は明治維新の尊皇論とも結びついていくこととなる

イチオシ独学勉強法

通史だけでなく、差がつきやすい文化史の講座もあります!
大学受験用
高校受験用

本居宣長に関するセンター試験日本史Bレベルの問題関連ページ

福沢諭吉
福沢諭吉に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を掲載しています。年表形式の福沢諭吉が生きた時代や「試験に出る福沢諭吉」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
源頼朝
源頼朝に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を作成しました。年表形式の源頼朝が生きた時代や「試験に出る源頼朝」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
井伊直弼
井伊直弼に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を作成しました。年表形式の井伊直弼が生きた時代や「試験に出る井伊直弼」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
北条時宗
北条時宗に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を作成しました。年表形式の北条時宗が生きた時代や「試験に出る北条時宗」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
小村寿太郎
小村寿太郎に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題。年表形式の小村寿太郎が生きた時代や「試験に出る小村寿太郎」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
徳川家光
徳川家光に関する日本史のオリジナル問題(センター試験日本史Bレベル)。年表形式の徳川家光が生きた時代や「試験に出る徳川家光」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
足利義政
足利義政に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題。年表形式の足利義政が生きた時代や「試験に出る足利義政」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
板垣退助
板垣退助に関する線らー試験日本史Bレベルのオリジナル問題。年表形式の板垣退助が生きた時代や「試験に出る板垣退助」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。
行基
行基に関するセンター試験日本史Bレベルのオリジナル問題を掲載しています。年表形式の行基が生きた時代や「試験に出る行基」など暗記しやすいようにポイントもまとめています。

高校日本史勉強法はコレ 問題形式で暗記(1) 問題形式で暗記(2) 問題形式で暗記(3) 紛らわしい人物