センター試験日本史Bの年代・時代整序問題対策

センター試験日本史Bの年代・時代整序問題(4)日本書紀

日本書紀、古事記、風土記などは同じ時代に編纂されています。
順番を覚えていますか?これに関する年代・時代整序問題を作成してみました。

 

【練習問題】 完成(編纂)された年代順に正しく並べたものを選びなさい。
(ア)日本書紀
(イ)古事記
(ウ)風土記

 

(A)ア→イ→ウ、(B)ア→ウ→イ、(C)イ→ア→ウ
(D)イ→ウ→ア、(E)ウ→ア→イ、(F)ウ→イ→ア

 

奈良時代になり中央集権国家づくりが進められる中で同時に行われたのが国史編纂です。同時期に編纂された風土記や万葉集とともに順序関係を整理しておきましょう。

 

帝紀、旧辞をもとにした古事記

帝紀や旧辞を稗田阿礼(ひえだのあれ)によみならわせて編纂したのが古事記。
太安万侶(おおのやすまろ)が筆録しました。

 

完成は712年。
現存する日本最古の歴史書となっています。

 

六国史の最初となるのが日本書紀

古事記に次いで編纂されたのが日本書紀。
720年に完成しています。

 

こちらは舎人親王(とねりしんのう)が中心となり、漢文の編年体で書かれたものです。
中国の歴史書にならった形式となっています。

 

日本書紀も含まれるのが六国史(りっこくし)。
ほかに、続日本書紀、日本後記、続日本後記、日本文徳天皇実録、日本三代実録と続きます。

 

また、古事記には神代から推古天皇までのころまでの記述があるのに対し、日本書紀には神代から持統天皇のころまでの記述があります。

 

推古天皇と持統天皇のあいだは、斉明天皇、天智天皇、天武天皇などの時代です。

 

風土記

各地の産物や地名の由来を記したものが風土記です。
713年に編纂されました。

 

常陸、出雲、播磨、豊後、備前の5ヶ国の風土記が伝えられています。

 

年代名称コメント
712年古事記稗田阿礼、太安万侶
713年風土記
720年日本書紀舎人親王
751年懐風藻現存する最古の漢詩集
759年万葉集

 

練習問題の正解

(D)イ→ウ→ア

 

712年「古事記」 → 713年「風土記」 → 720年「日本書紀」 です。

 

イチオシ独学勉強法

通史だけでなく、差がつきやすい文化史の講座もあります!
大学受験用
高校受験用

センター試験日本史Bの年代・時代整序問題(4)日本書紀関連ページ

年代・時代整序問題(1)遷都
平城京から平安京に遷都するまでに長岡京、恭仁京、紫香楽宮などにも遷都しています。遷都に関する年代・時代整序問題を作成してみました。センター試験日本史Bの年代・時代整序問題対策に活用してみてください。
年代・時代整序問題(2)遣隋使
遣隋使、遣唐使として様々な人物が重要な役割を果たしています。彼らに関するセンター試験風の年代・時代整序問題を作成してみました。センター試験日本史Bの年代・時代整序問題対策に活用してみてください。
年代・時代整序問題(3)藤原氏の乱、変
藤原氏が権力を握る過程で自作自演を含め様々な出来事(乱、変)を起こしています。こうした出来事に関するセンター試験風の年代・時代整序問題を作成してみました。センター試験日本史Bの年代・時代整序問題対策に活用してみてください。
年代・時代整序問題(5)地方征服
大和朝廷は東北地方(蝦夷)を制圧するために次々と城柵を築いています。この順番に関するセンター試験風の年代・時代整序問題を作成してみました。センター試験日本史Bの年代・時代整序問題対策に活用してみてください。
年代・時代整序問題(6)天皇と藤原氏
藤原氏と言えば天皇の外戚となり権力を握ったことから天皇とは良い関係を築いているように思われますが、ときには天皇と争ったこともありました。こうした天皇と藤原氏の争いに関してのセンター試験日本史Bで定番の年代・時代整序問題を作成してみました。
年代・時代整序問題(7)奈良時代の政争
平安時代になると藤原氏が権力を握ることで政争はなくなりますが、奈良時代はまだ藤原氏の権力も確固としたものではなかったため政争が度々起こりました。センター試験で定番の年代・時代整序問題で確認してみたいと思います。

 
高校日本史勉強法はコレ 問題形式で暗記(1) 問題形式で暗記(2) 問題形式で暗記(3) 紛らわしい人物