センター試験日本史Bの年代・時代整序問題対策

センター試験日本史Bの年代・時代整序問題(3)藤原氏の乱、変

藤原氏が権力を握る過程で自作自演を含め様々な出来事(乱、変)を起こしています。
これに関する年代・時代整序問題を作成してみました。

 

【練習問題】 藤原氏が関連した乱や変の説明で年代順に正しく並べたものを選びなさい。
(ア)孝謙上皇、道鏡と対立し、挙兵するが滅ぼされた
(イ)吉備真備と玄ムの処分を求めて九州で反乱を起こした
(ウ)左大臣の源高明を左遷した

 

(A)ア→イ→ウ、(B)ア→ウ→イ、(C)イ→ア→ウ
(D)イ→ウ→ア、(E)ウ→ア→イ、(F)ウ→イ→ア

 

藤原氏が関連した乱、変でも藤原氏側が敗れたものもあります。
キーポイントとなる出来事なので覚えておきましょう。

 

藤原氏の他紙排斥に関するトピック

藤原氏が権力を握る過程での出来事には下記のものがあります。

年代名称出来事
729年長屋王の変不比等の子4兄弟が長屋王を自殺に追い込む
740年藤原広嗣の乱吉備真備らの排除を求めた反乱(鎮圧される)
757年橘奈良麻呂の変藤原仲麻呂を倒そうとしたもの(失敗)
764年藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱孝謙上皇、道鏡と恵美押勝の対立
810年薬子の変(平城上皇)の変平城上皇と嵯峨天皇の対立、薬子が自殺
842年承和の変藤原北家の台頭
866年応天門の変藤原良房が伴氏、紀氏を排斥
888年阿衡の紛議藤原基経が宇多天皇の勅書に抗議
901年昌泰の変藤原時平が菅原道真を左遷
969年安和の変源高明を左遷

 

九州の大宰府が関係しているものが2つ。

 

大宰府で反乱を起こしたのが藤原広嗣の乱
これは失敗に終わります。

 

反対に藤原氏が菅原道真を大宰府に左遷したのが昌泰の変
のちに道真のたたりを恐れて祀られたのが北野天神です。

 

たたり」つながりで言えば、不比等の4人の子があいついで病死したのが長屋王のたたりだと思われていました。無実の罪をきせて長屋王を自殺に追い込んだのが藤原不比等の4人の子。

 

その後、4人とも病死(天然痘)したことで、長屋王のたたりだとおそれられ、これを鎮めるために聖武天皇が国分寺建立の詔(741年)、大仏造立の詔(743年)を出したと言われています。

 

 

練習問題の正解

(C)イ→ア→ウ

 

(イ)吉備真備と玄ムの処分を求めて九州で反乱を起こした
→ 藤原広嗣の乱(740年)

 

(ア)孝謙上皇、道鏡と対立し、挙兵するが滅ぼされた
→ 藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱(764年)

 

(ウ)左大臣の源高明を左遷した
→ 安和の変(969年)

イチオシ独学勉強法

通史だけでなく、差がつきやすい文化史の講座もあります!
大学受験用
高校受験用

センター試験日本史Bの年代・時代整序問題(3)藤原氏の乱、変関連ページ

年代・時代整序問題(1)遷都
平城京から平安京に遷都するまでに長岡京、恭仁京、紫香楽宮などにも遷都しています。遷都に関する年代・時代整序問題を作成してみました。センター試験日本史Bの年代・時代整序問題対策に活用してみてください。
年代・時代整序問題(2)遣隋使
遣隋使、遣唐使として様々な人物が重要な役割を果たしています。彼らに関するセンター試験風の年代・時代整序問題を作成してみました。センター試験日本史Bの年代・時代整序問題対策に活用してみてください。
年代・時代整序問題(4)日本書紀
日本書紀、古事記、風土記などは同じ時代に編纂されています。順番を覚えていますか?これに関するセンター試験風の年代・時代整序問題を作成してみました。センター試験日本史Bの年代・時代整序問題対策に活用してみてください。
年代・時代整序問題(5)地方征服
大和朝廷は東北地方(蝦夷)を制圧するために次々と城柵を築いています。この順番に関するセンター試験風の年代・時代整序問題を作成してみました。センター試験日本史Bの年代・時代整序問題対策に活用してみてください。
年代・時代整序問題(6)天皇と藤原氏
藤原氏と言えば天皇の外戚となり権力を握ったことから天皇とは良い関係を築いているように思われますが、ときには天皇と争ったこともありました。こうした天皇と藤原氏の争いに関してのセンター試験日本史Bで定番の年代・時代整序問題を作成してみました。
年代・時代整序問題(7)奈良時代の政争
平安時代になると藤原氏が権力を握ることで政争はなくなりますが、奈良時代はまだ藤原氏の権力も確固としたものではなかったため政争が度々起こりました。センター試験で定番の年代・時代整序問題で確認してみたいと思います。

高校日本史勉強法はコレ 問題形式で暗記(1) 問題形式で暗記(2) 問題形式で暗記(3) 紛らわしい人物